メンズ

お墓には種類がある┃納骨堂はお参りが天気に左右されない

室内のお墓です

お花と線香

納骨堂とは、建物の中に遺骨を納めるタイプのお墓になります。お墓や霊園などは屋外にあって、お参りなども天候に左右される場合がありますが、納骨堂は室内にあるのでお参りやお手入れなどが比較的楽です。納骨堂は比較的新しくできたもので、昔は霊園などのお墓に遺骨を安置することが一般的でした。昭和になって一時的に遺骨を収容することから、恒久的に遺骨を安置する施設としての役割を担うことになったものです。お墓がすでにある家ではお墓に安置するのが一般的ですが、昨今では費用の安さから納骨堂へ安置するスタイルが増えつつあります。納骨堂は首都圏を中心に増えており、お参りの利便性を考慮して公共交通機関で行きやすい場所につくられることが多いのも、利用者増の理由でもあります。

納骨堂では通常のお墓と同じように、維持費や管理費を支払うことで永代使用も可能です。一定の期間は個別に安置している遺骨を、永代供養墓などにうつして供養することもできます。永代供養墓とは、お寺が家族に代わり、供養と管理をしてくれるお墓のことを指します。現代では核家族化やライフスタイルの複雑化により、遺族がなかなかお参りに来られなくなったり、管理すべき家族がいない人も多くなってきており、納骨堂や永代供養墓は需要があります。利点が多い納骨堂ですが、お墓の規模が小さいことや、災害において遺骨が紛失する、契約期間が終わったあと合祀墓にうつされることがあるなど、デメリットと思われることもあります。メリットデメリットを見極め考慮することが大切です。

気になったら始めよう

シニア女性

自分の最期の時を自分で決めたいとの思いから、終活をする人が増えてきています。人は必ず死ぬものです。自分自身を振り返るとともに、自分が亡くなった後のことを考えるきっかけに、終活を始めてみてはいかがでしょうか。

もっと知ろう

お墓の問題を解決するために

数珠

少子高齢化や都市部への人口集中などにより、先祖代々のお墓の管理に悩む家庭が増えてきているといわれています。そうした状況から、霊園側で責任を持って供養してくれる永代供養墓を選択する家庭も増えてきています。永代供養墓の購入にあたっては、複数の霊園を比較検討したうえで購入の決定をするのがよいといえます。

もっと知ろう

信頼できる業者を選ぶコツ

ダンボール

横浜周辺には、一部ではありますが悪徳業者もいます。遺品整理という非常にプライベートな作業は、信頼することが出来る業者に任せるようにしましょう。そのためには、事前に複数の業者に問い合わせることが大切です。

もっと知ろう